2015 Page 1 of 3

(クライアントに対して)クライアントとわれわれデザイナーの関係はイコールなんです。まったく対等なんです。そのことをまず自覚してください。そうじゃないといいデザインは生まれないんです。

河北 秀也

ほとんどの分野ではトップクラスになるのに必要なのは、
才能ではなく忍耐だ。
単調な仕事を毎日毎日繰り返えしたり、いろんなトラブルに見舞われたり、そういった事に対する忍耐こそが、自分の中に力を育てていく。

小川 忠洋

「自分に向いたもっといい仕事があるはずだ!」なんて考えている人は大抵、仕事ができない人だ。できる人は目の前にある事も確実にこなしていく。だから、できる人はどんな仕事を任せても頼られる存在になる。

小川 忠洋

同じ高さのハードルばかりを設定していると、誰より自分が飽きてしまう

尾形 真理子

ユーザーが感じている「目の前」のニーズにしっかり応えることに集中する。それが企業の社会的責任でもあるし、ビジネスの成功確率を高める方法でもある。むしろ、それを愚直にやり続けることで、イノベーションにたどり着くのだ、と。

森川 亮

差別化をしたければ、差別化を狙ってはなりません。
ベンチマークをした商品のなかで、ユーザーにとって最も重要な価値にフォーカスする。そして、その価値をとことん磨き上げる。そのときはじめて、僕たちは真の差別化を生み出すことができるのです。

森川 亮

いいサービスを出していれば、いつかは結果がよくなるはず。
それを信じて、ユーザーに価値を提供することだけに集中する。それが成功への最短距離。

森川 亮

フォワードにトップスピードで走らせる。それに、必死についていこうと努力するから、人は成長していくのだと思います。だから、僕はトップスピードの合わせることを経営の目標としてきました。それば、強い会社をつくる最高の方法だと考えているからです。

森川 亮

「仕組み化」できない部分に競争力の源泉がある

森川 亮

そもそも、意思決定はできるだけ現場に近いところで行ったほうがいい。なぜなら、彼らこそユーザーに最も近いからです。ユーザー・ターゲットに近い感性をもち、常にユーザーの気持ちを考えている彼らこそ、最高の意思決定者であるに決まってます。

森川 亮