リーダーシップとは「敬服される状態」であり、特に日本企業の文化に合った表現をするならば、「みなが、安心して(共有された方向性の)前向きな課題に取り組める状態」と言えます。

稲田 将人

PDCAを廻す主体となる社員を大事にすることが大前提で、みなが能力アップに研鑽する企業文化をつくることに専念している企業である。

稲田 将人

実践力=マイナスからゼロへすること(あたり前のことがちゃんとできている状態)
戦略=プラスを大きくする(成長・発展のためのシナリオ)

稲田 将人

「仕事ができる」は言い換えれば、「すばやく的確な仮説を立案する能力が高く、調整の判断を行いながら着実に結果に導くことができる」ということ。

稲田 将人

組織が求めるリーダーシップ
全社、事業全体にとっての最適の方向性を示す
フェアに物事が判断される
やるべきことは評価する
やってはいけないことはしっかりと注意を行える

稲田 将人

失敗したとしても、結果の検証(C)を行っているかぎり、場数を踏むたびに経験則が蓄積されていき、やがては「自信」に満ちあふれてる状態が実現してきます。

稲田 将人

自信こそ経営の原点だ。

ジャック ウェルチ

PDCAのAは、方法論、やり方、考え方そのものを、PDCAを廻すたびに、さらに「進化」させることを意味します。

稲田 将人

仕事ができ、事業を引っ張ることができる方は、学校で習ったり、本を読んだ知識が豊富な人でなく、「精度と汎用性の高い経験則」をもった人です。そして、企業の中で特に重宝される方は、その中でも通常の人が持ち得ていない知恵を体得しており、多くの人には難易度の高い問題についても、誰よりも的確な判断ができる方です。

稲田 将人

戦略とは、自社が攻めるべき市場や、そこでの競合状況を明確にして、自社の強みを活かし、いかに市場のシェアを自社のものとし、収益性高く発展性のあるビジネスをつくるかというプランであり、その際の経営の方向性、道筋を明確にしたシナリオです。

稲田 将人