今の言葉
浦沢直樹

リーダーになるのに、上司である必要はない、と。リーダーの仕事は、最高の仕事をするためにすべての人が必要とする文化をつくり育てることだ。そのため、その役割を果たしているときは常に、あなたはリーダーシップを実践しているのである。

エイミー・C・エドモンドソン

リーダーシップとは本質的に、。みんなの取り組みを総合し、一人では不可能なことを成し遂げること。

エイミー・C・エドモンドソン

学習を妨げる最大の敵は、すでに持っている知識だ。

ジョン・マクスウェル

心理的安全性は、相互に関連する三つの行動によって生み出される。その行動とは、土台をつくる、参加を求める、生産的に対応する、の三つである。

エイミー・C・エドモンドソン

会社の使命感が、思いやりあるリーダーシップと結びつくと、従業員は、業務の安全な実施と従業員の尊厳を守るために、求められる以上のことをしようと意欲的になる。

エイミー・C・エドモンドソン

素直さを特徴とする職場は、創造性、イノベーションに対し、計り知れない恩恵をもたらすことができる。

エイミー・C・エドモンドソン

議論にか「勝とう」としてはいけない。自分の間違いに気づくのは学んでいる証拠であり、それは正しくあることよりはるかに価値が高い。

レイ・ダリオ

リーダーは、「批判的な意見があるときにそれを胸に秘めている権利は誰にもない・・・そんな環境をつくらなければ」ならない。

エイミー・C・エドモンドソン

私たちは失敗を、不安に思ったり避けようとしたりするのではなく、学習と冒険に必ずついてくるものだと理解する必要がある。

エイミー・C・エドモンドソン

自分たちの意見が尊重されることを従業員が知っている職場には、本物のエンゲージメントと桁違いのパフォーマンスを生む新たな可能性がもたらされるのである。

エイミー・C・エドモンドソン

沈黙の文化は、すなわち危険な文化である。

エイミー・C・エドモンドソン

心理的安全性は、従業員特典などではない。VUCAの世界で高パフォーマンスをあげるために不可欠なものである。

エイミー・C・エドモンドソン

リーダーにはどうしてもしなければならない仕事が二つある。一つは、心理的安全性をつくって学習を促進し、回避可能な失敗を避けること。もう一つは、高い基準を設定して人々の意欲を即し、その基準に到達できるようにすることだ。

エイミー・C・エドモンドソン

心理的安全性は、単なる職場の個性ではなく、リーダーが生み出せるし生み出さなければならない職場の特徴だということ。

エイミー・C・エドモンドソン

対人関係のリスクを取っても安全だと信じられる職場関係であること。それが心理的安全性だ。

エイミー・C・エドモンドソン

心理的安全性とは、大まかに言えば、「みんなが気兼ねなく意見を述べることができ、自分らしくいられる文化」だ。

エイミー・C・エドモンドソン

知識労働が進化を発揮するするためには、人々が「知識を共有したい」と思える職場が必要。

エイミー・C・エドモンドソン

未来なんて、ちょっとしたはずみで、どんどん変わるから。

ドラえもん

リーダーというのは安心と興奮を同時にくれる。

宇宙兄弟

一番の近道は遠まわりだった。

ジョジョ

ブランドに必要なもの 1.トップの熱い想い 2.良いもの 3.コミュニケーションチーム

西澤 明洋

リーダーシップとは「敬服される状態」であり、特に日本企業の文化に合った表現をするならば、「みなが、安心して(共有された方向性の)前向きな課題に取り組める状態」と言えます。

稲田 将人

PDCAを廻す主体となる社員を大事にすることが大前提で、みなが能力アップに研鑽する企業文化をつくることに専念している企業である。

稲田 将人

実践力=マイナスからゼロへすること(あたり前のことがちゃんとできている状態) 戦略=プラスを大きくする(成長・発展のためのシナリオ)

稲田 将人

「仕事ができる」は言い換えれば、「すばやく的確な仮説を立案する能力が高く、調整の判断を行いながら着実に結果に導くことができる」ということ。

稲田 将人

組織が求めるリーダーシップ 全社、事業全体にとっての最適の方向性を示す フェアに物事が判断される やるべきことは評価する やってはいけないことはしっかりと注意を行える

稲田 将人

失敗したとしても、結果の検証(C)を行っているかぎり、場数を踏むたびに経験則が蓄積されていき、やがては「自信」に満ちあふれてる状態が実現してきます。

稲田 将人

自信こそ経営の原点だ。

ジャック ウェルチ

PDCAのAは、方法論、やり方、考え方そのものを、PDCAを廻すたびに、さらに「進化」させることを意味します。

稲田 将人

仕事ができ、事業を引っ張ることができる方は、学校で習ったり、本を読んだ知識が豊富な人でなく、「精度と汎用性の高い経験則」をもった人です。そして、企業の中で特に重宝される方は、その中でも通常の人が持ち得ていない知恵を体得しており、多くの人には難易度の高い問題についても、誰よりも的確な判断ができる方です。

稲田 将人